診療案内

皮フ科

皮フ科

にきび

にきびは、尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)という顔や背中、胸などにできる皮膚の病気です。思春期に多くみられますが、成人に発生する思春期後ざ瘡、いわゆる大人にきびもあります。大人にきびは女性に多く、ストレスや不規則な生活、睡眠不足、不適切なスキンケアなどが悪化因子となります。
にきびには、四つの段階があります。まず、多量に分泌された皮脂が毛穴に詰まり、皮脂が溜まった面皰(めんぽう)という状態。面皰には、毛穴の先が閉じた白にきびと、開いた黒にきびがあります。
さらに炎症を起こすと丘疹(きゅうしん)と呼ばれる赤くぶつぶつした状態になります。丘疹がひどくなると膿が溜まり、膿疱(のうほう)となります。膿疱の炎症が強く毛穴周辺の皮膚に障害を与えると、凹凸した状態の瘢痕(はんこん)を残すことがあります。

いぼ

一般的に「いぼ」と呼ばれているものには、ウイルス性疣贅(ゆうぜい)や伝染性軟属腫、脂漏性角化症など、さまざまな種類があります。また、悪性腫瘍の場合もあるため、慎重に診断する必要があります。
さまざまな種類があるいぼですが、よくみられるいぼが子どもの手足にできる尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)です。また、顔や足の裏にできるいぼも、見た目は異なりますが尋常性疣贅の仲間で、これらは基本的には良性のいぼです。
尚、いぼのウイルスの中には、皮膚がんや子宮がんなどの原因になるものもあるため「たかがいぼ」と軽く扱わないことが大切です。

乾癬

乾癬(かんせん)とは、盛り上がった紅斑(こうはん)の上を銀白色の皮膚の粉がかさぶたのように覆う慢性疾患です。頭部、肘、膝、臀部、下腿伸側などにできることが多く、患者さまの約半数にかゆみがみられます。また、爪の変形、関節炎をともなうこともあります。
ほとんどの患者さまが尋常性乾癬(じんじょうせいかんせん)と呼ばれる種類ですが、全身に発疹が起こる乾癬性紅皮症や重症の汎発型性膿疱性乾癬などの場合もあります。
原因ははっきりとわかっておらず、遺伝的な要因に不規則な生活、食事、ストレス、感染症、薬剤の使用など、さまざまな環境因子が加わることで発症するといわれています。

手湿疹

手湿疹とは、外からの刺激物やアレルゲンの接触により発症する接触皮膚炎です。手湿疹には、刺激性接触皮膚炎、アトピー型手湿疹、アレルギー性接触皮膚炎、蛋白質接触皮膚炎(接触じんま疹を含む)と主によっつの種類があり、それぞれで原因や治療法が異なるため、しっかりと診断・治療することが重要です。
例えば、手湿疹の約7割を占める刺激性接触皮膚炎の場合、直接、化学的な刺激が皮膚を傷つけて、乾燥や鱗屑(りんせつ)軽度の紅斑を起こります。さらに短期間に強い刺激を受けた場合や刺激を長期間受け続けた場合は、湿疹様の紅斑や小水疱が起こり、慢性期になると皮膚が厚くなったり、亀裂が目立ったりします。

水虫

水虫とは正式名称を白癬(はくせん)といい、白癬菌というカビが足に繁殖することが原因で起こる皮膚病です。
水虫は、足の裏に生じた水ぶくれが破れて皮がむける小水疱型、足の指の間の皮がむけて白くふやける趾間(しかん)型、まれに起こる、足の裏全体が硬化してヒビやアカギレのようになり、爪の水虫を合併している角質増殖型のみっつに分類されます。尚、小水疱型と趾間型も長期間放置することで爪の水虫を合併することがあります。

アレルギー科

アレルギー科

じんま疹

じんま疹は、急性じんま疹や慢性じんま疹、物理性じんま疹、アレルギー性じんま疹などさまざまな種類があり、それぞれで原因も異なります。また、ストレスがじんま疹を悪化させることもあります。
じんま疹が生じると、皮膚の一部が赤く盛り上がり、かゆみをともなうことが多いですが、焼けるように感じることもあります。これらの症状は突然起こり、時間がたつとすっかり消えることがほとんどです。ただし、中には1日中続くものもあります。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは、さまざまな刺激やアレルギー反応が加わることによって生じる皮膚炎です。皮膚の乾燥やバリアー機能が弱い方に起こりやすく、皮膚の炎症やかゆみ、湿疹をともないます。
症状にはさまざまな段階があり、皮膚が乾燥してカサカサしている状態や硬くゴワゴワする、腫れてジクジク汁が出るといった症状があります。
しっかりと治療を続け「症状がないまたは軽く、薬物療法をほとんど必要とせず、日常生活に支障がない」状態、「軽い症状は続くが、急激な悪化はまれで、悪化しても持続しない」状態を維持できるようにしましょう。

花粉症

花粉症とは、スギやヒノキ、ブタクサなどの花粉に対してアレルギー反応が起こる病気で、季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれています。花粉に対して身体の免疫反応が過剰に反応すると、身体は花粉を外に出そうとするため、くしゃみ、鼻水、涙などの症状が起こります。さらにのどや皮膚のかゆみ、下痢、熱っぽい感じなどの症状が現れることもあります。
一般的な対策として、睡眠をしっかりとる、飲酒喫煙を控える、風邪をひかないなどがあるので、生活習慣を保つように心がけましょう。

アレルギー検査について

アレルギー検査には「アレルギー反応の概要をつかむための検査」と「アレルゲンを特定するための検査」があります。
アレルギー反応の概要をつかむために、血液検査でアレルゲンに非特異的なIgE抗体の測定や血中好酸球数の測定を行います。
また、アレルゲンを特定するための検査として、皮膚表面から直接アレルゲンを接触させることで反応を見る「皮膚テスト」遅発型アレルギー反応を見る「パッチテスト」などがあります。

泌尿器科

桜本町クリニック

結石

結石とは尿路結石とも呼ばれ、主に腎臓にできるシュウ酸カルシウムやリン酸カルシウムなどのかたまりのことです。結石が腎臓にあれば症状はありませんが、腎臓から尿管、膀胱(ぼうこう)尿道に落ちてくると、激しい痛みをともなう場合もあります。
この激痛の原因は、細い尿管に詰まった結石が尿の圧力を高め、尿管がけいれんを起こし、神経を刺激するからです。さらに腎臓に障害が起こると、脇腹や腰にも激痛をおよぼすことがあります。
尿路結石の痛みはいつ起こるかわからないため、不安を感じながら日常生活を過ごすことになります。日頃から動物性タンパク質の摂取を控え、野菜やカルシウムを多く摂取するように心がけましょう。

血尿

血液が混じった尿のことを血尿といい、男性よりも女性に多くみられます。
血尿には、自分の目でみてわかる肉眼的血尿と、尿検査で血尿と判断される顕微鏡的血尿があり、どちらの場合も腎臓がんや膀胱がんなどの重篤な病気のサインであることが考えられるため注意が必要です。
また、悪性腫瘍が原因の場合は、生命を脅かす危険があるため、早期発見が必要です。そのため、定期的に健診や人間ドックなどによる尿検査が重要となります。

性病(STD)

性感染症とは、性行為によって感染する病気の総称です。性器クラミジア感染症、性器ヘルペスウイルス感染症、尖圭(せんけい)コンジローマ、梅毒、淋病、HTLV-1感染症などさまざまな種類があります。
感染してから症状が出るまでの期間や症状はそれぞれ異なり、中には自覚症状がなく、感染に気づかないものもあります。
性感染症は、放置することで感染を広げたり、不妊の原因になったりする場合もあるため、しっかりと治療することが重要です。

前立腺疾患

前立腺疾患には大きく分けて腫瘍性疾患と炎症性疾患のふたつがあります。
腫瘍性疾患には、加齢によりほとんどの男性が罹患する良性疾患の前立腺肥大症があります。また、悪性疾患の前立腺がんもあり、前立腺がんには初期症状がほとんどないため、検査によって早期発見することが重要です。
炎症性疾患には、高熱、排尿時痛、頻尿をともなう急性前立腺炎や残尿感、頻尿、排尿時痛、下腹部の不快感などがある慢性前立腺炎があります。

膀胱炎

膀胱(ぼうこう)炎とは、細菌が尿道を通って膀胱に入り、膀胱内で増殖することが原因となって膀胱に炎症が起こる病気です。症状としては、頻尿のあいだや排尿の終わりに下腹部の痛み、残尿感があります。
膀胱炎は女性に多くみられる病気です。これは女性の場合、男性よりも尿道が短く、肛門や膣が尿道口と近いため、腸内細菌が侵入しやすく、膀胱まで到達しやすいことからです。
また、性行為による大腸菌の繁殖や膣内の常在菌が減少する閉経後は膀胱炎になりやすいです。